快楽の悦びに溺れた妻 翔田千里

×

動画の続きを見る

快楽の悦びに溺れた妻 翔田千里

幼馴染の夫と付き合い始めて何年?結婚して何年だったっけ?子供も大きくなり手を離れた。夫は私を母親か家政婦としか思っていないのだろうか?私はこのまま女を捨ててゆくのだろうか…。その時、男性から声を掛けられた。同級生だった。少し話をし相談したいと言われたので家へとついて行った。彼は何故かまだ独身。話を聞いていると、手を握られ、昔から好きだったと言われた。好きなんて言われたのは何十年ぶりだろう。私は照れて誤魔化そうとしたが、彼は私の目を見つめ再度好きと言ってきた。その瞬間私のなかで何か熱いモノを感じた…。

動画の続きを見る